トイレの水漏れで交換が必要なときのお役立ち知識

トイレの水漏れで交換が必要なときのお役立ち知識 トイレの交換をするということについては、ほとんど知識を持ち合わせず、未経験という方がほとんどです。そのため、水漏れなどのトラブルで、いざ、リフォームをしようとしても、何から始めたらいいか分からないという状況が起こり得ます。水漏れで本体を交換する必要があるケースはあまり多くありませんが、修理するより交換した方が、将来的に水道料金や電気代を節約できる場合があります。
今はさまざまなタイプが販売されているので、選ぶのに迷いますが、自宅が戸建住宅かマンションかによって排水方式が変わるので、選べるタイプに制限があります。また、長年使用しているうちに水漏れが発生しているなら、寿命が来ているのかもしれません。トイレの交換の際に必要になるお役立ち知識を紹介します。

■トイレの水漏れで修理と交換のどちらを選ぶか

急に水トラブルが起きた場合、とりあえず修理してもらうために、業者に修理を依頼することが多いです。その際に、当面は水漏れがストップしたとしても、しばらくするとまた別の場所から水が漏れていたというケースがあります。長年使用した便器には一見して分からなくても、見えていない水漏れ箇所が発生している可能性があるためです。
また、交換せずに修理だけで対応したため、完全にトラブルが解決せず、床材が腐ってしまい、結果的に大規模なリフォームが必要になるケースもあります。設置してまだ年数が経っていない新しい便器であれば、修理の方が良いですし、保証期間内であれば無償で対応してもらえます。しかし、便器本体が老朽化したことによる水トラブルであれば、トイレの交換を検討することをおすすめします。

■トイレの寿命による交換時期とは
便座は陶器製なので耐久性に優れ、約100年は使用できる場合もあります。しかし給水管や排水管などは長年使用すると劣化しやすい部分です。パッキンなども摩耗するためこまめな交換が必要となります。部分的にパーツを修理し続けているとコストがかさむため、本体すべてを交換した方が安く済むことも多いです。水のトラブルが続くと日常生活にも影響が出てしまいます。約15年周期を目安に本体を交換すると無駄な出費を減らしやすいです。
10年程前に製造されたトイレは水の使用量が近年のものより倍以上多いタイプもあります。新しいモデルのトイレは少ない水で流せるため、本体を交換すれば水道代のコストダウンも望めます。

■自宅にぴったりのトイレを選ぶには

トイレのタイプは大きく分けると、組み合わせ型と、タンク一体型、タンクレスの3種類があります。組み合わせ型はタンクと便座、便器が別々になっているので、故障した部分だけ交換することができるため、メンテナンス費用を抑えることが可能です。ただ、汚れが溜まりやすく掃除しづらい面があります。
タンク一体型は見た目がすっきりしたデザインで、継ぎ目がないのでホコリが溜まりにくく掃除しやすいですが、便座だけ交換することができないタイプが多いです。タンクレスはタンクがなく、水道直結方式の為、連続して水が流せます。つくりもコンパクトで空間が広く使えますが、手洗い器を別途つくる必要があります。自宅に合うトイレを選ぶには排水方式を確認することです。戸建ては床排水、マンションは壁排水が一般的です。

■まとめ
便器本体を交換する必要があるときは、なるべく専門の修理業者に依頼することをおすすめします。自分で交換した場合、失敗したときのリスクが大きくなります。少々、水が漏れる程度なら拭き取ることができますが、タンクの水が大量に漏れた場合は床下にまで被害が及び、建物本体の劣化に繋がる可能性があります。
マンションだと階下の住人に迷惑をかけてしまいます。寿命が来ているのであれば、本体ごと交換した方がお得になるケースが多いので、水漏れ修理のときに頭に入れておくといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース